宅配型トランクルーム

risoco【リソコ】のメリット・デメリットを解説!本を個別包装で守ろう

ご自宅に置く場所が無くなって貯まってしまった本はありませんか。

「捨てるに捨てられない」、「またいつか読みたくなるかもしれない」等、本は整理しづらい所があります。

部屋のスペースも空いて、本もご自宅に保管するより良い環境で保管ができて、何を預けたか1冊ずつ管理できたらいいですよね。

risoco(リソコ)では、そんなお悩みがばっちり解決できます。

すぐわかる結論

・本1冊1冊に個別包装(シュリンク)を付けられるオプションがある
・本1冊1冊登録してくれるので何を預けたかすぐわかる
・1年以上預けると取出し料が無料
・BOXプランも他サービスと同等の価格帯だから安心
・荷物を預ける倉庫は温度、湿度、空調完備の優良倉庫

この記事では、risoco(リソコ)のメリット・デメリット、口コミ等詳しく解説していきます。

 

risoco(リソコ)にしかないメリット

宅配収納サービスは数多くあるけれど、各社特徴があります。

もちろんrisocoにもrisocoにしかない魅力があります。

ちびトラ
ちびトラ
risocoにしかない魅力はどんなとこなんだろう
パパトラ
パパトラ
これから解説するところがrisoco最大の魅力だよ

本が好きな方の為に!シュリンクオプションは必須

risocoのプランはシンプルで、2種類しかありません。

色々な物を入れられる「risoco box
本専用プランの「risoco books

risocoの本当のメリットはrisoco booksにあります。

ちびトラ
ちびトラ
本専用プランにメリットがあるのは珍しいね。

risoco booksには特徴となるオプションがあります。

それはrisoco booksプランのみ適用できるシュリンクオプションです。

シュリンクを付ける事によって、擦り傷や角の保護等多くのメリットがあります。

risoco公式HPでもわかるように本を大事にしたい方に特におすすめしたいサービスの様です。

risoco公式HP

ご自身の本を綺麗に保管したい方にはおすすめです。

risoco(リソコ)のデメリット

次にデメリットに目を向けてみましょう。

実際にサービスを利用する上でデメリットを理解する事は重要です。

もし、この記事に書いているデメリットがデメリットと感じないのであればrisoco(リソコ)のサービスはマッチしている事になります。

risoco boxのプランに写真撮影オプションが無い

他社サービスでは、お荷物の写真を撮ってもらって画像で何を預けたかわかるような、オプションもしくはプランがあるのですがrisocoではそれがありません。

数カ月も荷物を預けたままにしていると箱の中に何を入れたか忘れてしまう事があります。

そういった面でも写真撮影オプションが無いのはデメリットになってしまいます。

ご自身で預けた箱の中の荷物に関しては忘れない様にしておく等の対応が必要になります。

絶対に撮影オプションが無いと嫌な方はこちらの記事を参考にしてみて下さい。

サマリーポケットでは、オプションも豊富で宅配収納No,1の認知度なので安心感もあります。

サマリーポケットを使ってみて分かった。メリットとデメリットを徹底解析!!【宅配収納No,1】サマリーポケットがおすすめな理由を徹底解析!!サマリーポケット利用者のパパ目線で実際に利用してどこのポイントが良かったのかを分かりやすく解説しました。 実際に利用してみたいという方の為に、始め方の説明も画像付きで分かりやすくまとめました。...

専用ボックスのサイズが小さめ

risocoのデメリットと言えば、専用ボックスのサイズが小さい所です。

プランの価格帯は他サービスと比較すると同等となっていますが、箱のサイズが小さいので預けたい荷物の量としては減ってしまいます。

ここでは宅配収納サービス認知度No.1のサマリーポケットと比較してみました。

risocoサマリーポケット
330円のプラン99サイズ(レギュラー)
縦40cm 横33cm 高さ26cm
113サイズ(レギュラー)
縦43cm 横37cm 高さ33cm
パパトラ
パパトラ
縦と横は同じ位だけど、高さが7cmも違う。
おのずと入れられる量も変わってくるよね

預ける荷物によってサービス会社を分けると管理は大変になりますが、各社のメリットの部分だけ活用するという上手なやり方もあります。

risoco(リソコ)の口コミ・評判

利用者の生の声程信じれるものはありません。

口コミと評判をまとめてみましたのでご覧ください。

risocoを活用している方は本が好きで増えていってしまった本を、預けたいと思っている方が多いですね。

それと特徴的なのは、色々な本収納サービスと比較している方が多いという事です。

比較しても尚利用されるという事は、risocoの本専用プランは本好きに選ばれるサービスという事ですね。

risoco(リソコ)のプラン紹介

risocoには大きく2つのプランがあります。

どちらも良いサービスなのでここでオプションも踏まえて紹介していきます。

パパトラ
パパトラ
オプションの内容や費用の面も踏まえてからサービスを検討すると間違いがないよ

risoco box

スモール
レギュラー
ラージ
専用ボックス代275円275円
月額保管料330円/箱440円/箱
取出し料金880円880円

他社サービスでは小さいプランと通常プランでは価格差がある物なのですが、risocoではスモールとレギュラーの月額使用料に差がありません。

これはrisocoの面白い特徴だと思います。

risoco books

risoco books
専用ボックス代275円
月額保管料330円/箱
本登録料220円/1箱(30冊)
シュリンク
オプション(30冊)
330円/1箱(30冊)
取り出し料(箱)880円/箱
取り出し料(冊)132円×冊数+330円
本を戻す場合(冊)77円×冊数

1冊単位で取り出せて、1冊ずつ本を戻せるのもrisocoならではです。

箱単位での取出しのみ対応のサービス会社が多くありますので、1冊ずつ対応するrisocoは珍しいと言えます。

個別で本を取り出そうとする場合は、4冊までがお得です。
5冊取り出す場合は箱ごと取り出した方がお得になります。

risoco(リソコ)に1年間預けた時の費用

risocoのプランなどを先に紹介しましたが、実際にはいくら位費用がかかる物なのかを紹介したいと思います。

パパトラ
パパトラ
預けたまま忘れてしまって大変だー!
なんて事にならない様に、1年預けた場合の総費用も紹介していくよ
ちびトラ
ちびトラ
事前にわかっていれば慌てなくて済むよね
1年間利用した時の費用
risoco box スモール
レギュラー
4235円/箱
risoco box ラージ5555円/箱
risoo books4785円/箱(30冊) (登録料、シュリンク代込み)

risocoでは1年間荷物を預けると、取り出し料が無料になります。

ですので、預けてから1年近くになった場合は、少し我慢して1年間を越えた方がお得になります。

risoco(リソコ)で預けられない物

宅配収納サービスはどの会社にも預けられない荷物という物があります。

risocoでも同様に預けられない物がありますので、ご利用前に確認をしておきましょう。

預けられない荷物

・現金やクレジットカード、印鑑、骨とう品等の貴重品関係
・独自性が高い物(ご自身で作成した物等も該当する可能性あり)
・漏れ出して危険な物(毒物、電池、灯油、ガソリン等々)
・高級毛皮製品
・生き物、異臭を差発生させる可能性がある物、廃棄物
・上記以外で公序良俗に反するもの

詳しく知りたい方はこちらrisoco公式HPへ

risoco(リソコ)を活用してみよう

どうでしたでしょうか。

risocoの特徴について詳しく知れたでしょうか。

宅配トランクルームのサービスは捨てられない荷物が増えてきた人におすすめなサービスです。

この記事を機に宅配型トランクルームに興味を持って頂けたらと思います。

(画像、動画に関して:risoco様HPから一部引用)